page top
おもしろかっぱ館 駒ヶ根市天竜かっぱ広場
トップページ » 特別展のご案内

特別展のご案内

2019年度特別展「我が河童のふるさとに陸軍登戸研究所がやって来た!!」

【期間】2019年4月2日(火) ~ 2020年3月28日(土)

1. 平成元年に始まった、赤穂高校平和ゼミナールの先生と生徒による調査活動に基づくパネルその他
2. 登戸研究所調査研究会の調査活動に基づくパネルその他を追加展示します。
3. 語り部 日曜日午後1時~3時 可能な限り
4. DVDの視聴の準備
5. その他

展示の内容


平成元年、赤穂高校平和ゼミナールの3年生、春日(現在北原)さんから「今年の文化祭に登戸の事を発表したい・・・」これが調査を始めるきっかけでした。

⇒詳細を表示


東伊那で、登戸研究所の将校であった、伴繁雄さんと知り合いになり、伴さんのお宅で731部隊長の石井四郎氏が発明した、石井式濾過管が発見されました。

⇒詳細を表示


中沢では、登戸研究所の将校であった、杉山圭一さんと知り合いになりました。杉山さんが、中沢小学校にあった実験器具らしいものを確認したところ、登戸研究所で使用していた物である事が解りました。

⇒詳細を表示


当時中沢の各所が登戸研究所の工場として使われました。

⇒詳細を表示


その後、同様の研究をしていた、川崎の法政二高の生徒や、川崎市民と合同の交流会を赤穂高校と川崎市で持つことが出来ました。

⇒詳細を表示


合同研究の結果は、川崎市で展示され多くの川崎市民から注目されました。この事が、後に「高校生が追う陸軍登戸研究所」という本になりました。

⇒詳細を表示


今では有名となっている、登戸研究所の風船爆弾のパネルです。

⇒詳細を表示